洗い流さないトリートメント パーマ

パーマをしているならクリームタイプの洗い流さないトリートメントがおすすめです。

パーマ洗い流さないトリートメント

 

パーマをせっかくかけたんだから、長持ちさせたい!

 

少しでも長くきれいな状態を維持して、さらに髪を保護したい!

 

ワックスとかスタイリング剤は使いたくないけど何かつけたい。

 

そんな方のためにパーマが長持ちする洗い流さないトリートメントをご紹介します。

 

洗い流さないトリートメントパーマ

 

パーマを長持ちさせるために大切なのは保湿&補修

パーマ洗い流さないトリートメント

洗い流さないトリートメントも大きくわけてオイル、クリーム、スプレータイプの3種類に分けられます。

 

パーマを少しでも長持ちさせたいならクリームタイプの洗い流さないトリートメントがおすすめです。

 

その理由は、

 

◇オイルよりも扱いが簡単。

 

◇水分量がオイルタイプよりも多いから、保湿してスタイリングがきれいに決まりやすい。

 

◇補修成分でパーマのダメージをケアする。

 

からです。

 

オイルタイプは補修効果がなく、量の調整が難しい一方、

 

クリームタイプはダメージ修復効果、保湿効果があり、つけすぎても髪の毛にあまり影響がないので、初めて洗い流さないトリートメントを使う方でも使いやすいです。

 

パーマ長持ち洗い流さないトリートメント

パーマをすると髪の毛はダメージを受けます。

 

なので、パーマをかけた後に何もせずに放置するとダメージが早く進んでパサパサしてきます。

 

そうなるとパーマをした時のあのきれいなウェーブがきれいに出にくくなります。

 

さらに、乾燥のせいで、髪が広がってまとまりにくくなってしまうんです。

 

髪が今よりもダメージが進まないように

 

保湿成分と補修成分がたっぷり配合されているアイテムを使うのがおすすめです。

 

パーマが長持ち♪洗い流さないトリートメントランキング

 

パーマ長持ち洗い流さないトリートメント

洗い流さないトリートメントパーマ

50種類の美容成分で髪ダメージを集中補修!

 

利尻昆布成分、最高級の美容オイルであるアルガンオイル、さらにオリーブオイル、スクワランなど贅沢に保湿成分が配合されています。

 

パーマをすると、時間が経つとだんだん毛先がパサついてきますが、潤いを髪に閉じ込めるので、使うたびにしっとりまとまる感じです。

 

髪を保護する質の高い成分がたっぷり入っているので、髪のパサつき、枝毛、切れ毛予防ができるノンシリコンタイプだから、肌が弱い人にもおすすめ

 

パーマが長持ちするし、髪のツヤが復活します。

 

今なら、お試しサイズを送料無料で全額返金保証つきで試せます。

 

<初回送料無料&無料サンプル付き>

50種類もの美容液成分でノンシリコンでも髪サラサラ「リシリッチ」

>>【正直に暴露】リシリッチを使った感想はこちらです。

 

パーマ洗い流さないトリートメント

 

贅沢な成分で補修と保湿がどちらもできる洗い流さないトリートメント

 

ダメージヘアを補修する濃密美容液「ヘアセラム」、10種の厳選成分で髪の芯まで保湿する「ヘアクリーム」のプレミアムヘアケアセットです。

 

美容液セラムとヘアクリームがセットになっていて、パーマで痛んだ髪を補修しながら、きれいにパーマが出るようにしっかり保湿してくれます。

 

一つ買ったら2〜3か月使えるからコスパも抜群♪今ならセットで780円割引のキャンペーン中なので試すならチャンスですよ♪

 

ラスティーク公式サイト

※クレジット払い&コンビニ後払いも可能です。

 

 

クリームタイプの洗い流さないトリートメントランキング

 

人気サロンがスタイリストたちが作った洗い流さないトリートメントです。オイルタイプとクリームタイプがありますが、どちらもノンシリコンで髪や頭皮に安全な成分で作られています。パーマをあてた場合は、カールがきれいにでてふわりと軽さがでるクリームタイプがおすすめです。

 

髪のダメージの修復をサポートする海洋深層水も使われていてシンプルででも質のいいトリートメントです。しっとり落ち着いたニュアンスが好みならこれがおすすめです。

 

ラフィー

 

 

パーマをしたとき洗い流さないトリートメントのおすすめ使うタイミング

洗い流さないトリートメントパーマ

朝のスタイリング時

洗い流さないトリートメントを使うと、髪がまとまってスタイリングしやすくなりますし、紫外線やほこりなどの外部の刺激から保護してくれます。

 

またカールを巻くときにコテを使う前に使うと熱から髪を守ってくれますし、仕上がりもツヤツヤになりますよ。

 

 

日中の乾燥が気になるとき

髪のパサつきが気になるとき、花粉が多い日や紫外線が強い日は髪を保護したいですよね。そんなときに保護する成分が入っている洗い流さないトリートメントを使うとダメージを予防します。

 

>>【紫外線、タバコの煙など】髪を保護するならこの洗い流さないトリートメントがおすすめ

 

 

髪を乾かすとき(寝る前)

タオルドライした状態の髪にドライヤーでブローをする前につけましょう。

 

それから就寝前につけると寝ている間に流さないトリートメントの成分が髪の内部までじっくり浸透します。

 

 

 

洗い流さないトリートメントの使い方。パーマを長持ちさせる方法。

洗い流さないトリートメントパーマ

 

パーマをかけたらやはり

 

できるだけ長持ちさせたい

 

ですよね。

 

パーマをかけると、いくら今はパーマ液の質が上がってきたといっても、薬品や熱を使って、キューティクルを開き、髪の毛のタンパク質の形を変えるために、髪がどうしても痛みます。

 

なので、パーマをした後は、普段のヘアケアでパーマで痛んだ髪の毛を補修しながら、髪の内側から水分が逃げださないようにすることが大切です。

 

シャンプーの後は必ずトリートメントを使う

 

そのためには、トリートメントは必須です。

 

シャンプーをした後に毛先を中心にトリートメントを付けましょう。

 

髪の水分を拭き取ってから、髪をいくつかの束に分けてつけるとまんべんなくトリートメントが付きます。

 

カールやウェーブのパーマをした方は、このときにカールの部分をくるくると指で巻くとカールの形が長持ちしやすいです。

 

あと、トリートメントを揉みこむようにすることで、内部に浸透しやすくなります。

洗い流さないトリートメントパーマ

つけた後は5分ほど時間をおいて、蒸しタオルを髪に巻くとさらに浸透されやすいです。

 

トリートメントを流すときは髪の毛がきゅっとなるまで流してください。

 

「ちょっとぬめりがあるほうが髪に良いのかな?」と思うかもしれませんが、しっかり洗い流しても成分が浸透しているので大丈夫です。

 

そしてやさしくタオルで水分をとってから、濡れた髪の状態のときに洗い流さないトリートメントを付けます。

 

洗い流さないトリートメントには、ドライヤーの熱に反応して髪の毛を補修する成分が入っているといいですね。

 

ドライヤーをしすぎると髪がぱさつく原因になりますから、ドライヤーのやりすぎには注意してください。

 

 

ドライヤーで髪を乾かす

 

ドライヤーは頭の上から当てるようにします。

洗い流さないトリートメントパーマ

そして、パーマのある部分を握るようにしたり、カールのある部分は指でカールの部分を巻いて、その部分に風を当てるようにします。

 

ドライヤーの温度はなるべく低い温度に設定します。

 

最後は、冷風をあててキューティクルを閉じるのを忘れずに^^

 

パーマの形もキープしやすいです。

 

そして、髪が乾いたら仕上げにパーマを保つために洗い流さないトリートメントを毛先を中心につけましょう。

 

洗い流さないトリートメントパーマ

 

【洗い流さないトリートメント使用量目安】

 

ショートヘア⇒1〜2プッシュ
セミロングヘア⇒2〜3プッシュ
ロングヘア⇒3〜4プッシュ

 

手のひらで薄く伸ばしてパーマの部分に揉みこみましょう。

 

ここでの使用量はあくまでも目安として参考にしてください。

 

髪質や洗い流さないトリートメントのタイプやメーカーによって、推奨の使用量が異なります。

 

なので、目安の量を一度に髪の毛に付けるのではなく少しずつ付けていきましょう。

 

使いながら自分の髪にあった適量がみつかります。

 

 

パーマやカラーのダメージヘアにおすすめの洗い流さないトリートメントは?

洗い流さないトリートメントパーマ

髪の悩みに合わせて洗い流さないトリートメントのタイプを使い分けていますか?

 

口コミでいいと聞いても
それが自分の髪に合うというわけではないんですよね。

 

自分の髪のタイプに合わせて使うと満足のいくスタイリングができると思います。

 

パーマーやカラーリングで痛んでいるダメージヘアにおすすめは、洗い流さないトリートメントの中でもクリームタイプなんです。

 

オイルタイプは髪の毛に潤いを与えてはくれるのですが、ダメージを修復力はあんまりないんです。
ダメージを修復させるというのであればクリームタイプがいいですよね。

 

パーマやカラーなどで痛みがひどい場合は、油分と水分が同時に補うことが大切です。

 

クリームタイプは水分と油分がどちらも入っていますし、オイルタイプよりもよく伸びるので使いやすいです。

 

オイルだと表面はツヤツヤに見えても毛髪内部のダメージには効果がないんですよね。

 

いわゆる、艶出しですね。
床にワックスを塗ってツヤをだしますが、それと同じです。
内部の傷はそのままってことですね。

 

 

洗い流さないトリートメントの効果的な使い方

パーマ長持ち洗い流さないトリートメント

シャンプーリンスが終わったあとに、タオルドライをしてから手に適量をとって両手で広げてから毛先を中心に揉み込むようにつけます。

 

それから手に残ったクリームを内側から全体につけます。
外側からつけると、初めはいいんですけど時間がたつと内側から浮いてきますので、かならず内側にもつけてくださいね。

 

こうすることで、毛先のダメージもカバーされるし、くせ毛の人もボリュームが抑えられます。

パーマ長持ち洗い流さないトリートメント

髪の毛が多くて髪の毛が浮いてしまう、なかなかセットが決まらないというタイプだけじゃなく、固くて太い髪の人もオイルタイプだとまんべんなく塗るのが難しいのでクリームタイプが使いやすいと思います。

 

またクリームタイプのなかでもいろんなメーカーから出てるし、香りなんかも違うので、いろいろ試してみるのもいいですね。

 

 

パーマをした後は洗い流さないトリートメントでキレイな状態をキープしましょう♪

洗い流さないトリートメントパーマ

パーマをきれいに当てることも重要ですけど、パーマをきれいな状態でキープすることも大切ですよね。

 

そのためには髪の毛が痛まなように自宅でケアの仕方が大きく左右します。

 

40歳を過ぎてくると女性ホルモンの分泌量が減ってきます。

 

そうなると髪が痩せてしまうので以前と比べて髪の毛が痛みやすい状態になります。

 

それを防ぐためにも、毎日のヘアケアを心がけてみてください。

 

パーマの持ちや髪の毛のコンディションも変わってきますよ^^

 

今回紹介したケアでパーマが長持ちするといいですね。一緒にケアしていきましょう♪

 

<初回送料無料&無料サンプル付き>

50種類もの美容液成分でノンシリコンでも髪サラサラ「リシリッチ」

>>【ぶっちゃけ暴露】リシリッチを使った感想はこちらです。

 

>>2018年版おすすめ洗い流さないトリートメントランキング

page top