洗い流さないトリートメント つけるタイミング

洗い流さないトリートメント いつつける?寝る前のタイミングは?

洗い流さないトリートメントいつつける

洗い流さないトリートメントは髪を保護するためにつけたほうがいいってことは、だんだん広まってきてはいるんですが、

 

洗い流さないトリートメントって・・・いつつければいいの?

 

という質問も実はよくいただきます。

 

 

私も

 

「この成分が〜」

 

とか

 

「洗い流さないトリートメンのタイプは〜」

 

とか

 

いろいろ言ってる割に基本的なことはわかりやすく書いてないな〜

 

と思って反省しております。

 

ここでは、洗い流さないトリートメントをいつつければいいのかご紹介します。

 

ぶっちゃけいつつけてもいいんですけどね♪

 

その中でも

 

このタイミングにはつけてほしい!!

 

というポイントをご紹介しますね^^

 

 

今つけて!!洗い流さないトリートメントをつけるタイミング

洗い流さないトリートメントいつつける

基本的にいつつけてもいい洗い流さないトリートメントですが、必ずつけてほしいタイミングは

 

◇ドライヤーを使う前
◇髪の毛を乾かす前
◇外出する前

 

です。

 

というか、この時のために作られたんじゃないかっていうくらいです。

 

洗い流さないトリートメントの目的は

 

髪の保護

 

ですからね。

 

髪の毛は

 


紫外線
乾燥

 

に弱いですから

 

そのダメージを減らすために洗い流さないトリートメントを使いましょう。

 

 

洗い流さないトリートメントを【寝る前に】つけたほうがいいということだけど

洗い流さないトリートメントいつつける

洗い流さないトリートメントを寝る前につけるメリットとして

 

洗い流さないので成分が髪に長くとどまることで、夜眠っている間もトリートメント効果が期待できる

 

という点があります。

 

そのため、傷んだ髪のケアがしっかり出来るんですね。

 

 

で、この寝る前ということですが

 

「さあ!今から寝るから洗い流さないトリートメントをつけるか!」

 

て感じでつけるということではないんです。

 

 

夜に頭を洗ってから髪の毛を乾かす前につけましょうね。

 

という話なんです。

 

 

髪を洗ってから、タオルで髪を優しく軽く乾かします。

 

髪が濡れた状態で洗い流さないトリートメントを付けます。

 

つける場所は

 

毛先中心です。

 

頭皮にはつかないように気を付けてください。

 

そして、ドライヤーで髪を乾かします。

 

仕上げに、洗い流さないトリートメントを毛先につけましょう。

 

これで寝ればOKです。

 

 

【朝、出かける前】にも洗い流さないトリートメントを使いましょう。

洗い流さないトリートメントいつつける

「紫外線から髪を守る」という役割もあります。

 

髪に補修成分が1日中残り続けるため、日常生活のダメージからも髪を効果的に守ることができるのです。

 

髪を紫外線や外部のホコリなどから守るために使います。

 

朝、髪の毛をセットするときにドライヤーを使うなら、そのときは夜につけた分が残っていますから、使わずに水を軽くつけます。

 

そして、ドライヤーでセットしてから仕上げに洗い流さないトリートメントを使います。

 

 

もし、午後に髪のパサつきが気になるならその時に付け直すといいですね。

 

 

洗い流さないトリートメントを【付ける場所とつける量】に注意

洗い流さないトリートメントいつつける

髪にとっては便利な洗い流さないトリートメントですが、注意する点があります。

 

つける場所と
つける量

 

に気を付けてください。

 

洗い流さないトリートメントの油分は、洗い流すトリートメントと違い、全部髪に残ります。

 

なので、つけすぎてしまうと髪がベタベタとして「洗ってない髪の毛」のようになったり、頭皮にニキビができるなどトラブルが起きたりする可能性がでてきます。

 

ですから、最初は少なめを髪につけて、「もうちょっとつけてもいいな」と思ったら次回はもう少し多めにつけてみるなど、自分の髪に合った量を調節してみましょう。

 

全体に物足りない感じがする場合でも、髪を完全に乾かしてから、ブラッシングで頭皮の皮脂を広げてみると、髪が落ち着きます。

 

【髪を守って、痛んだ状態を修復してくれる】洗い流さないトリートメントを活用して、髪の健康を守ってくださいね。

 

>>【これで失敗しない!】洗い流さないトリートメントの選び方は?

page top