オイルタイプ 洗い流さないトリートメント

オイルタイプの洗い流さないトリートメントおすすめランキング

オイルタイプの洗い流さないトリートメントの使い方は?

 

洗い流さないトリートメントの中でもオイルタイプは乾燥を防いでくれる頼もしいアイテムです。

 

最近、髪につやがないな・・と思ってるなら
オイルタイプのトリートメントをおすすめします。

 

オイルだと髪の水分が蒸発を防ぎ、パサつきをおさえてくれます。
さらに持続的に使い続けることでキューティクルの毛羽立ちをおさえてくれるので髪質が改善します。

 

 

オイルタイプの洗い流さないトリートメントおすすめランキング

ラフィー

 

ノンシリコンのオイルタイプのトリートメントで肌に優しいし、髪にとにかく優しい成分が配合されています。
髪の毛を保護する成分が贅沢に入っているので乾燥や紫外線から髪を守り、
さらに水分と油分を補給して髪にツヤをだしてしっとりもします。
くせ毛もおさまりやすいです。

 

>>ラフィーの詳細についてはコチラ
公式サイトへ

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大島椿 「大島椿」椿油100% 60ml オオシマツバキ60ML(60m
価格:1030円(税込、送料別) (2017/9/12時点)


ベストセラーの椿油です。
椿油はいろんなメーカーからいろんなタイプのが出ているんですが私が気に入ったのはこれです。
椿油を髪になじませるとキューティクルがはがれるのを防いで潤いを閉じ込めてくれるので
ナチュラルなツヤツヤヘアができます。

 

公式サイトへ

 

ホホバオイル

ホホバオイルは、豊富なビタミンEを含まれてて抗酸化作用もあるほか
人体の肌や髪を組成するアミノ酸も含まれてるんです。
お肌が敏感な人にもおすすめ。
髪の毛にももちろんいいんです。

 

地肌マッサージにも使えるし
洗い流さないトリートメントとして
タオルドライした髪の毛先に少量をつけてドライヤーするとサラサラに。

 

公式サイトへ

 

 

オイルタイプの洗い流さないトリートメントはいつ使うといい?

オイルタイプ洗い流さないトリートメント

ドライヤーを使う前

髪の毛を乾かす前に、オイルをつけることでくせで出にくくなるし、
髪の毛を熱から保護してくれます。

 

髪を乾かした後

ドライヤーで乾かした後、仕上げにヘアオイルを付けます。
そうすることで髪の毛に潤いがアップします。

 

 

朝出かける前

紫外線や乾燥を防ぐためですね。

 

 

他にも自分がちょっと乾燥が気になるときなどにも使うといいですね。

 

オイルタイプの洗い流さないトリートメントの使い方は?

オイル洗い流さないトリートメント
1、オイルを少量手に取ります。
2、それを両手で伸ばして、髪の毛の毛先を中心につける。
3、余ったオイルを髪の毛の表面につける。

 

ココで注意!!

 

オイルタイプの場合はつけすぎると、髪の毛がべたついてきますので注意です。
最初は少量のオイルをとってから、
ちょっとたりないな?と思ったらまたオイルを足す。
という風にするとべたつき防止になります。

 

オイルって伸びるんですよね。
なのでついてないかな?と思って一杯つける人いますけど
ダメですよ。

 

それから、

 

頭皮につけるのは避けてください。

 

頭皮からもしっかり皮脂がでてきますからね、
混ざるとまた変にべたついて、髪の毛がベタってなっておかしいです。
あれ見た目も悪いんですよね。

 

なので毛先を中心につけてくださいね。

 

オイル洗い流さないトリートメント

 

毎日つけることでツヤがでてきます。
あんまりつけすぎとギトギトするので少量を付けてから調節してくださいね。

 

人気洗い流さないトリートメントランキングはコチラです。

page top